流産終了

ずいぶん更新日がたってしましました。
グロイ内容かもなので、ニガテな方は読まない方がいいかもです。












妊娠8週0日に、アーモンドチョコ1粒よりちょっと大きいかな?うずらの卵?くらいの真っ黒な血の塊が、出てきました。ちょうど朝起きて立った瞬間でした。
「なんか出た」のがわかりました。
いわゆる生理のドロッと経血とも違って、それは完全な、膜に覆われた固さのある塊でした。
キモイ話ですが、しばらくそれを見つめました。
まだきっとヒトの形はしていないのでしょうが、これが、うちらの子供の素だったんだ、ここまで受精卵が育ったんだ、安らかに空へ帰ってね、と思いました。

なんだか気が抜けてしまって、たった今まで妊娠してたけど、結局もう子供は無理なんだなと改めて思いました。
次の日も出血はあったんですが、部屋のかたずけ(夫婦+猫1のみでの生活仕様に変更)を始めました。

もし女の子が産まれたら服でも作ってやろうと捨てずに持っていた、気に入った柄の着なくなった服なんかも処分しようかなと思い始めました。

最後に、助成金の申請を出して、今までの治療経歴のレシートや検査結果の紙、受精卵の写真とかの紙も一式捨てました。

こんな感じですが、一区切りつきました。

そういえば、出たら診察に来てってKLCに言われましたが、行く意味ないだろうと思って行ってません。
残ってるとガンになったりするようですが、確実に出て体温も下がってるのと、もうあのサツバツとしたKLCの待合室の雰囲気も辛いので、どうにも足が向きません。。。

これからは、猫写真でもアップしようかと思ってます。

もう1度採卵して体外受精したら、もしかしたら。。。
と、未だに思いは消えませんが、だんだんに落ち着いて生活ができることでしょう。
子供がいないとなると、老後の寂しさ、先々を考えとかなきゃなんないな、と思います。
今までお金を沢山使ってしまったけど、これからは自分らのために、マジで貯めないとダメですね☆

ではでは☆
[PR]
by eimideath | 2014-08-05 01:26 | 高度不妊治療