<   2014年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

KLCに転院して採卵2回目で初めてこぎつけた評価Dの胚盤胞を移植して7日目の判定に行ってきました。

移植前1週間ほど風邪をガッツリひいており、37度くらいの微熱が続いておりました。
しかも移植前日から布団を、唯一床暖房のあるリビングに敷き、床暖房を中くらいにして24時間のろのろと、外出もせずほとんど動かず寝っぱなしのニート生活をしていました。
はっきり言って前の病院の方針が抜けませんでした。。。やっぱり動くの怖い。。。
普通に生活しちゃってダメだったら、動いたせいか?と後悔しそうで、ビビリの私は結局姫生活を推し進めました。旦那さんには大迷惑でしたが。。。

しかも毎日ホッカイロも背中に貼っていて、常夏のような暑い中汗びっしょり状態で朝起きていたので、体温が高めなのはそのせいかもしれません。

移植前日の基礎体温☆36.97←床暖房スタート。風邪のせいかもしれないが、やっぱり高い。
移植日☆36.62←昨日より低い
移植後1日目☆36.67
移植後2日目☆36.95
移植後3日目☆36.66←下がってる
移植後4日目☆36.57←さらに下がってる
移植後5日目☆36.76
移植後6日目☆36.99
移植後7日目☆37.07←この日は床暖房+エアコンの暖房26度の中、超激暑で起きたので多分この高さ

でした。

胚盤胞はすぐ着床予定とのことでしたが、いわゆる体調の変化は一切なしでした。
着床した瞬間にあるといわれる着床出血もなく、よく言うチクチクも胸の張りもなく。
あったのは足の付け根(リンパのとこ)がちょっと張ってる感じがいつだったか、1、2日程度あったような。あぐらをかいて、同じ姿勢で座ってばっかりいたのでうっ血してるようでした(汗)。

で、移植後6日目の昨日、何を隠そうロゼワイン的な薄い出血小さじ1程度と、ドス黒い出血が小さじ1程度あり、判定日の今日は今日で、ロゼワイン的な薄い血が小さじ半分程度出ちゃったんですよ。
昨日はまさに生理予定日で(平均周期26)、ビンゴに来た!!と思い、またダメかと覚悟をしました。生理前日の偏頭痛もありました。
でも、そのままドッと出血が来なくて、
「いよいよ血の量も激減で、こりゃ生理あがって、もう、すべて終わったんじゃないか」
と思いました。42歳で閉経、おかしくない。
そもそもAMHが低く、すでに残りの卵も少ない状態です。

なので、
「判定日っていうか普通にこれ生理2日目じゃんよ、採卵希望だとDay3に来てくれってなるところだから、Day2もDay3もほぼ一緒だろうから、とりあえずKLCには行こう」
って感じで、のろのろと12時のシメ時間ギリに行きました。
ホッカイロは背中プラス胸すぐ下にも追加(万が一妊娠してた場合に直で子宮をサンドしちゃ暑すぎてマズイかも、とサンドだけど上の方に貼りました)。

採血後の診察は、初めて見るおじさん先生で超事務的でクールな方。名札見るの忘れました。
どうなんだ?HCGは?ゼロか?
先生の顔はポーカーフェイスでまったく読めません。怖い瞬間です。
ところが。
「HCG45.2ですね。一応反応出てますね。でも、通常妊娠の基本はHCG50以上なんで、妊娠率は60パーセント程度です。次回10日後に来て下さい」
と言うじゃない。いやいや血が出ましたから。
思わず、
「あのぉ!!昨日出血がありましたけど!!」
と言ったらそこは無視されました。
なぜ?よくある事なのかしら??
反応有りとなると、逆に出血が心配ですけど大丈夫なの?
あ、大丈夫じゃないけど、先生はいけるともいけないとも言えないのだな、と解釈しました。。。
すべて、卵の生命力次第。。。kLCの考え方です。

で、あっと言う間に診察オワリ!!みたいな空気になってしまったので慌てて、
「次回までに、何か気をつけた方がいいこととかありますか?」
と聞いてみたら、
「何もないです」
とクールな・・・。
ま、多分、普通に生活してて、ってことなのでしょう。

42歳なんでほんとに60パーセント?って思いますが、本当に60パーセントなら案外高いんじゃないか?と一瞬思いますが、前病院で着床してすぐ科学的流産になったことが移植11回中1回だけあったので、今回もどうなのかな??と思います。
卵の染色体に異常があれば自然淘汰され、きっと流れてしまうのでしょう。
それに高齢なので、もし無事産まれてくれたとして、ダウン症など障害が出る可能性も高い。。。
怖い。。。

でもネガティブなことばっかり考えていても血流が悪くなりそうなので、運命に任せるしかないんですよね。。。
えぇ、もう任せます。卵の生命力に。

でも、KLC凄いです。
1回目の移植で反応が出るとは。。。
まぐれか?
やっぱり技術が高いのか?
今までの前の病院の11回はなんだったんだ。
今回のこの反応が最終的にダメになったとしても、こんなに早く反応が出るなら、最初から遠くてもKLCに来ていればよかったです。

とりあえず次、10日後に採血&診察です。
ここでキッパリ結果が出ることでしょう。。。

判定日のお会計は、ジャスト7000円でした。
ではまた☆

※最新情報です!今、トイレ行ったらまた、薄い血が小さじ半分?くらい新たに出てました。
ヤバイです怖いです。このまま本生理くるかもです。
とりあえず、旦那さまに弁当を頼み、安静に寝ます。










[PR]
by eimideath | 2014-01-27 19:47 | 高度不妊治療

2回の採卵を経て、今日KLCで初移植にこぎつけました。

朝9時から来て採血、診察、培養士さんの説明があり、移植でした。全部終了したのは14時45分。

卵の評価は移植直前に書き入れられました。
なんと、今回D判定でした(T_T)(T_T)(T_T)
かなり妊娠率低いです!!
妊娠率20~34パーセントって。。。
ま、まだわからないじゃないか(≧ε≦)
諦めるな!!
数字というのは時として残酷だよなぁ。
6日目胚盤胞なのでハッチング(+2万)をしました。5日目胚盤胞ならハッチング要らずとのこと。

移植後の過ごし方で培養士さんに聞いた所、「ホルモンバランスが崩れるのがよくない」と。例えばジョギング、縄跳び、水泳等極端な激しい運動はホルモンバランスも崩れる。
でも自転車にちょっと乗るとかはOK。普段の生活でOK。
あとダメなのはイソフラボンのサプリ。ホルモンバランスを一気に変えるとか。 葉酸はOK。基本妊婦がOKなものだそう。
卵は子宮内のホルモンバランスを感じてるから、崩してはダメなのだそうだ。

のんびり家事はOKみたいね。
前の病院は絶対安静で辛かった。

移植のお会計は117.264円でした。

判定日は7日後。

ではではまた(・o・)ノ
[PR]
by eimideath | 2014-01-20 13:14 | 高度不妊治療

あけましておめでとうございます☆

加藤さんから白い封筒が届きました。

今回は採卵&胚盤胞凍結1個。

お会計は、¥358,856でした。

次は1月9日、デイ10ですのでKLCです。

この1個の卵で妊娠できる可能性は低いでしょうが、どうなりますでしょうか???

今回の生理もそうなんですが、もうほとんど出ないんですよ。1.5日くらいガッツリ出たらあとはきれいなもんです。歳なんだと思います。
当然、内膜は薄いでしょう。KLCは内膜の厚さは無関係と言ってますが。。。

どちらにしても、旦那さんが、私が痛い辛いと言ったことで、最近、「もう辞めよう」と言ってきました。

治療も辛いけど、子供を諦めるのも辛いです。

諦めれば、「孫の顔が見たい!」とかの可能性もゼロになります。
親の気持ちも想像でしかわからないままでしょう。
どうなんでしょう、子供のいない人生。
2人で生きて、片方づつ死んで、終わりです。
残された方は1人の時間がかなり寂しいよね。
このマンションとか、やがてローンを払い終わっても2人とも死んだら誰の物になるの?

旦那の実家の先祖?の墓は、旦那の親が年数万円払って管理してもらってる巨大な墓地の一角で、墓の管理費をやがて払うであろううちらもいなくなるとどうなっちゃうのか?

こんな、なんだかつまらない先のことばかり考えてしまいます。
旦那に言うと、
「余計な心配だ。死んだらそこで終わりだからいいんだよ」
的なことを言われますが、私的には子供がいるといないじゃー、先が全然違うので、諦めるとどうなるのか、覚悟をするためにも今からエンディングノートを書きたいくらいです。
そこまですれば、子供のいない人生の覚悟ができそう。ふっきれそう。
こんなこと考るの私だけでしょうかね。


もしこの1個が着床しなかったとして、次治療を続けても、できる保障はないのです。
「もう1回!!」が、ただお金を何十万も使うだけのことになる可能性のほうが高いのです。
今まで11回も移植してダメだったんですから。。。

ネガティブですいません(^^;)。
ほんと、諦める覚悟が全然固まりません。
ほんとうに、できないのかな。。。

でも、子供のいない人って結構いるんだよね。
自分だけじゃない、と思ってみたりすればちょっとは覚悟ができるかな。。。

ではでは、また☆
[PR]
by eimideath | 2014-01-04 22:32 | 高度不妊治療